【デュエルリンクス】乙女入り青眼でデュエルキング【ランク戦2020/Apr.】

こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2020/Apr.でデュエルキングに到達しました。

使用したデッキの紹介をしていこうと思います。

 

使用デッキ

ランク戦2020/Apr.では、【青眼】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【青眼】

 

デッキの解説・感想

青き眼の乙女入りの構築です。

乙女の効果を能動的に発動できるように、採用する汎用魔法・罠を工夫しました。

乙女採用のメリット

ざっくり以下の通りです。

■乙女採用のメリット

  • 初動でシンクロレベル9へアクセスできる。
  • 独自の耐性により、罠を引けないハンドでも即死しづらい。
  • 墓地から青眼を蘇生できる→太古で青眼を射出し切っていても、継続して展開ができる。
  • 乙女召喚→賢士効果でワンキルできる。
  • 流行しているブラマジに強い(陣で対象に取られることで、効果のトリガーとなる)。

乙女を能動的に使うことが重要

乙女をただ出しても、相手が安易に殴ってくることは当然ないですよね。

そのため、デッキに対象を取れる札を採用して、自ら効果を発動していく必要があります。

有力札は、禁じられた聖槍、デモンズ・チェーンでしょう。

もちろん、青眼デッキに同時採用される賢士もいます。

禁じられた聖槍

自分のモンスターを相手の妨害から守ったり、コンバットトリックを狙ったりと、言わずと知れた汎用カードです。

速攻魔法なので、乙女と合わせて引いていれば即効果を起動できます。

青眼の白龍を特殊召喚し、スキルでオルタナティブを降臨させ、1除去→レベル9シンクロの流れがめっちゃ強いです。

最近流行のブラマジに強い札としても使っていけます。

デモンズ・チェーン

相手モンスターの効果・攻撃を無効化するので、非常に防御性能に優れた罠です。

一度伏せて守ってよし、相手がモンスターを展開しなければ乙女を選択して、展開してもよしです。

禁じられた聖杯も同じような効果ですが、汎用性を考えるとデモチェが上です。

感想

やや扱いが難しい青き眼の乙女ですが、攻守に高い性能があるので、ぜひ採用してみて欲しい1枚ですね。

対象を取る汎用枠が今後増えたら、さらに面白いカードになりそうです!

 

乙女入り青眼をまた考察していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!