【デュエルリンクス】下降BFでデュエルキング達成【ランク戦2020/Aug.】

皆さんこんにちは、issunです!

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2020/Aug.でデュエルキングに到達しました。

では、今回のランク戦で使用したデッキの紹介をしていきます。

 

使用デッキ

ランク戦2020/Jul.では、【レベル下降BF】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【レベル下降BF】

※キング達成後に気づきましたが、ハルマッタンの採用を1枚にしているためオニマル×2→オニマル、ホーク・ジョーの方が良かったかもしれません。

デッキの解説・感想

次回のKCに向けて下降BFを極めると心に決め練習しています。

キング達成までに、

①下級モンスターの枚数
②不純物の枚数、
③ブラックバードクローズの有無

を調整したので、その解説をしていきたいと思います。

下級モンスターの枚数

下降BFにおいて展開が阻害されるのは、初手において下級モンスターがダブついてしまう事です。

そこで、ゲイルを3→2枚、ハルマッタンを2→1枚の採用とし、空いた2枠を不純物の枠にしました。

ゲイルの枚数

最初は旋風の採用枚数を2枚としているため、中盤で素引きできるように3枚採用した方が良いと思いました。

ですが、シムーン入りの際のピナーカ効果、また、旋風効果で、ゲイルを優先的にサーチする立ち回りを意識する事で2枚でも問題なく回すことができました。

初手被りのリスクを減らしつつ、サーチによるアクセスを意識することで2枚の採用に落ち着きました。

ハルマッタンの枚数

ハルマッタンを2枚採用する強みとして、

・2体目のオニマルを召喚できる
・シムーンのコストに躊躇なく使える

ことが挙げられると思います。

また、レベル下降を使用した際の展開パターンを増やすこともできます。

そんなハルマッタンですが、2枚目が欲しい場面よりも、初手で他の下級と被って展開できない場面の方が多かったので、

先行:下降を絡めてライキリ&ホーク・ジョーor墓地にライキリを構えたチドリの盤面作り

後攻:下降を絡めたワンキルムーブ

に使うと割り切って1枚の採用としました。

不純物の枚数

前述した下級モンスター(ゲイル、ハルマッタン)の枚数を減らした事で、不純物を5枚採用することができました。

今回は罠干渉に寄せて、コズサイ×3、聖槍×2とし、後攻ワンキルを狙いやすくしました。

◆後攻時、不純物にアクセスできる確率

・3枚採用:60.1%

・5枚採用:80.6%

また、対ESが最もキツかったため聖殿を抜けるコズサイをフル投入しました。

ブラックバード・クローズの採用

キング達成までに何度か採用し、先行時に構えることで「不知火の武部」や「竜魔導の守護者」の初動に当てゲームを有利に進められることが何度かありました。

ですが、下降BF相手にはライキリに罠を当ててくることが多く、特にカナ底因果を当てられると一気に展開が止まってしまいます

そこで、それらの汎用罠に強い聖槍を採用したかったため、ブラックバード・クローズの採用を見送りました。

ハルマッタンを1枚にしたことでBFドラゴンを積む枠ができたため、環境に合わせて5枚の不純物の枠内で調整して良いと思います。

まとめ

今回のランクマでは、対ES、サイバー、デスペがキツかったです。

ウィッチクラフト相手には9割以上勝つことができました(こちらが事故っていても、BFとわかった瞬間にサレンダーされる事がほとんどです笑)。

先行だと圧倒的に不利になり、ジャンケンゲーに感じてしまうことが多かったです。

デッキの特性上致し方ない部分はありますが、相手のデッキに応じた先行展開や不純物の採用内容を考察・調整する必要があると感じました。

次回のKCまでに調整を重ねて、先行で5分、後攻でしっかりと勝ち切れる下降BFを研究していきたいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!