【デュエルリンクス】忍者青眼でデュエルキング【ランク戦2020/Feb.】

こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2020/Feb.でデュエルキングに到達しました。

使用したデッキの紹介をしていこうと思います。

忍者青眼の最新記事はこちら↓

使用デッキ

ランク戦2020/Feb.では、【忍者青眼】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【忍者青眼】

 

デッキの解説・感想

初動にHANZO、太古と安定札が多いのが強みの1つで、それに加え、超変化の術による場の解決力や爆発力があり、かなり手応えのある構築となりました。

 

このデッキのコンセプトは「相手ターンに場を展開すること」にあります。

超変化の術による展開、サンブレ太古切りによる展開も相手ターンに行われることで、有利に試合を進めることに繋がります。

そのキーが超変化と太古から展開される白き霊龍で、伏せたターンで発動できない相手のバックを剥がし、相手が手薄な状態から自分ターンを開始することができます。

超変化、サンブレ、白き霊龍による「相手ターンでの妨害・場の荒らし」を通すことで勝ち筋を見い出していきます。

 

また、このデッキの面白いところは、超変化から導けるモンスターが豊富なところでしょう。

上級のブルーアイズだけでなく、霊廟、太古もリクルート対象になるのです。

霊廟や太古はレベルがHANZO以下のため、相手のモンスターがサクリファイスエスケープされても空かされれないという強みがあり、従来の忍者構築と一線を画す要素となっています。

 

スキルはさんざん悩みましたが、初手超変化ダブりを解消できる戦力補充で決定しました。

無難に強かったです。

デモチェ入れてみましたが、超変化とともに場を圧迫するので、汎用な通常罠に変えた方が良さそうでした。

 

以上です〜

ninja-blue-eyes-duelking
最新情報をチェックしよう!