【デュエルリンクス】DDDでキング達成!【ランク戦2020/Jun.】

皆さんこんにちは、issunです!

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2020/Jun.でデュエルキングに到達しました。

では、今回のランク戦で使用したデッキの紹介をしていきます。

使用デッキ

ランク戦2020/Jul.では、【墓所封印DDD】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【墓所封印DDD】

 

デッキの解説・感想

不知火や水晶機巧をはじめとした、墓地利用を中心としたデッキのシェア率が高かったので、スキル「墓所封印」と相性の良い「DDD」を使用しました。

スキルとの相性

「DDD」デッキのキーカードである「契約書」カードには、

自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

という共通効果があるため、スキル「墓所封印」の発動条件を簡単に満たすことができます。

ただし、1000ダメージの発動タイミングが“スタンバイフェイズ”であるため、契約書カードを発動したそのターンにはスキルを使用できません

その点だけ注意が必要です。

「契約書」カードのおかげで、スキルの発動条件がテーマ内のカードで満たせるため、「コズミック・サイクロン」に頼らず「局所的ハリケーン」や「禁じられた聖槍」など採用の選択肢を広げられる点は嬉しいですね。

クリボールの採用

今回は2枚の採用としましたが、その理由は3つあります。

①ワンキルデッキ対策

環境上位に「HERO」や「サイバー」をはじめとするワンキルデッキが存在していたため、その対策札として採用しました。

「DDD」は相手に干渉できるカードが少ないテーマなので、「クリボール」などの不純物を対策札として採用しなければなりません。

この「クリボール」枠については、その都度環境に強いカードを採用すると良いと思います。

②ベオウルフとの相性

「DDD」のエースカード「DDD 剋竜王ベオウルフ」が3000打点の貫通効果持ちなので、相手モンスターを守備表示に変更するカードとは非常に相性が良いです。

「ベオウルフ」の貫通効果は自分の場の「DD」モンスター全てに付与されるので、「炎神−不知火」など破壊耐性がありながらも、守備力の低いモンスターは殴り放題です。

③スキルとの兼ね合い

先述したように、「DDD」で墓所封印を使用する場合は、発動に1ターンのラグが生まれてしまいます。

そこで「クリボール」で1ターン凌ぎ、ラグを解消しつつ確実にスキルを当てに行くという意味合いも込めています。

まとめ

対策札の採用がとても難しく、まだまだ煮詰めきれていません。

実際、天敵である「王家の眠る谷−ネクロバレー」が環境に存在していたにも関わらず、「コズミック・サイクロン」や「戦乙女の契約書」を採用していないのは良くないですね。

環境の考察を同時に深めつつ、今後も「DDD」を煮詰めていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!