【デュエルリンクス】新型青眼でデュエルキング【ランク戦2020/Sep.】

こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2020/Sep.でデュエルキングに到達しました。

従来の曙光青眼、調和型青眼に限界を感じていたので、新型を模索することとし、無事キング達成できました。

使用したデッキの紹介をしていこうと思います。

 

使用デッキ

ランク戦2020/Sep.では、【青眼】を使用しました。
デッキ名はまじめに「ストレスフリー青眼」とします!異論は認めません。。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【ストレスフリー青眼】

 

青眼デッキレシピ

デッキの解説・感想

今まで自分のメイン構築であった曙光青眼がコズサイ、局所に涙目すぎた上に、竜魔導からのネオフュで即死する雑魚だったので、構築を改めました。

コンセプト

初動で青眼を出せる構築にし、相手に3000打点の突破を強要させ、その際にバックでマスカンを潰す展開に持っていくのが強いと判断し、構築に着手しました。

キーカードは以下の3枚です。

  1. 調和の宝札
  2. 古のルール
  3. 銀龍の轟咆

特に目を見張るのが古のルールと銀龍の轟咆でしょう。

以下で解説していきます。

①:調和の宝札

初動で太古の白石を落としてバックを引き込むためのカードです。

エンドフェイズに青眼を召喚することができるため、青き眼の賢士棒立ちエンドで安易にキルされる展開を阻止します。

ハンドに青き眼の賢士、太古の白石が被り、バックがない初手も少なくないのですが、調和があれば下級の渋滞を緩和しつつバックの補充ができます。

アドを稼ぐだけでなく、コンセプト通りにゲームメイクするためにも必須の1枚で、ストレスフリー青眼においては3積み安定。

②:古のルール

このデッキがmetaなどで散見される類似構築と最も一線を画す部分が、青眼の白龍を2枚採用に抑えている点です。

理由は、初手や調和で引き込むと圧倒的に弱いからです。

ですが、2枚採用かつ白き霊龍1枚の合計スリーアイズだと、とはいえブルーアイズを引き込むことは多々あります。

そこで、ハンド事故のケアにコスモブレインなどが採用されますが、ストレスフリー青眼においては古のルール一択です。

コスモブレインは、青眼2枚構築だとデッキからリクルートする機会があまりない上、太古の白石のリクルート効果と競合しやすいためです。

古のルールなら、上記コスモブレインのデメリットを解消しつつ、初動で青眼を展開してシンクロしたりできます。

また、白き霊龍との相性でいえば、圧倒的に古のルールが勝ります。

このカードのおかげでむしろハンドに青眼を抱えたいまでありました。まさにストレスフリー。

③:銀龍の轟咆

元々調整段階では古のルールの2枚目だった枠です。

ですが、割とよくある展開で、墓地の太古の白石効果でブルーアイズを回収し、古のルールで場に出すというものがあり、「もはや轟咆でよくね!??」となったので、入れ替えました。

古のルールは被ると途端に弱かったのですが、このカードと1枚ずつ保持することになると鬼強かったです。
例えば古のルールで霊龍だして除去効果、シンクロ精霊龍、轟咆で霊龍蘇生除去効果など。

さらに、初動で太古の白石にアクセスできなくても、サンブレ(バック)と轟咆があれば手札のブルーアイズを着地できるのがよかったです。これもストレスフリーの要因。

感想

久々構築を1から練れて楽しかったです。

やはりデッキビルドを上回る楽しさはない。。。

 

ストレスフリー青眼、かなり洗練されてるので使ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

青眼デッキレシピ
最新情報をチェックしよう!