【デュエルリンクス】結界青眼でデュエルキング【ランク戦2021/Feb.】

こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2021/Feb.でデュエルキングに到達しました。

今月は結界青眼(結界ブルーアイズ)を使用しました。

使用したデッキの紹介をしていこうと思います。

使用デッキ

ランク戦2021/Feb.では、【結界青眼】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【結界青眼】

勝率

Match Recordsで集計。

レジェンド2から使用しました。
環境上位にも負け越さなかったのは収穫でした。

 

デッキの解説・感想

Sin青眼を採用し、精霊龍やランク8エクシーズを出しやすくしました。

Sin青眼を採用するメリットを紹介します。

採用カードについて

Sin青眼

手札1枚消費で出せる青眼です。そのため、精霊龍にとにかくアクセスしやすいです。

純正青眼の調和で太古捨てからエンドフェイズに青眼を展開する動きは、深淵に潜む者やAOJ DDチェッカーによって決めづらくなりました。

Sin青眼なら、重装兵を素材に持たない場合の深淵や、闇族性のためAOJ DDチェッカーを一方的に殴り倒せます。
これがもっとも大きい利点です。

その他、ランク8エクシーズへの繋げやすさや、レヴィオニア素材となったり無駄がないです。

枚数が2枚なのは、デッキ内の青眼の白龍を太古と奪い合うため、そもそも1デュエル1回くらいしか出せないからです。
青眼を素引きするとさらに、後半腐る可能性が増加するため、キーカードですがあえて2枚にしています。

レヴィオニア

なぜかいつも自分の青眼構築に入ってくるカード。

Sin青眼と賢士or太古で精霊龍出して、精霊龍効果で自身をリリースすることで容易に墓地3枚が達成できます。

目覚めの旋律では、Sin青眼と共に優先的にサーチしていました。

月の書

制圧系モンスターを無力化する。因果から青眼を守る。
必須です。

スキルについて

フィールド魔法はなんでも良いですが、対戦相手に恩恵を与える可能性があるので、実質効果がない光の結界が安定です。

自分の最初のターンに発動するため、相手先行時に破壊されにくいというメリットもあります。

感想

かなり攻撃的な青眼で使っていて楽しかったです。

Sin青眼と太古効果でとにかくデッキ内の青眼を消費するので、素引き事故が他の青眼構築よりもいやらしく感じました。

ただ、目先の事故より長期的な勝率を考えれば、割り切れる強さがあると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!