【デュエルリンクス】忍者青眼でデュエルキング【ランク戦2021/Jan.】

こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2021/Jan.でデュエルキングに到達しました。

今月は忍者青眼を使用しました。

使用したデッキの紹介をしていこうと思います。

使用デッキ

ランク戦2021/Jan.では、【忍者青眼】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【忍者青眼】

 

忍者青眼

デッキの解説・感想

青眼が環境に多くなっていたため、ミラーで強い罠型青眼を煮詰め、結果的にHANZO入りで落ち着きました。

忍者青眼は過去にもかなり回しており、いつ握っても使用感抜群です。

今回は、青眼周辺のカード強化が数多くあったため、構築を一新しました。

採用カードについて

レヴィオニア

オルタナティブ実装に伴い、青眼に旋律が必須カードとなりましたが、そのサーチ先として採用しました。

旋律はパワーカードですが、青眼を素引きしている場合、旋律で2枚目の青眼を加える動きに違和感があったため、そういったケースの際にオルタナティブ、レヴィオニアサーチという鬼畜ムーブになります。

HANZO、DDクロウと闇要素がしっかりデッキに入っているので、盤面を荒らす効果を発動しやすいです。

また、レベル8であることから墓地蘇生効果を発動してランク8を作りやすく、墓地素材の色に関わらず強カードです。

DDクロウ

基本先行有利のミラーマッチで、後攻でも妨害できるカードとして採用しました。聖騎士など一定の相手にも刺さります。

レヴィオニア素材や姫のエクシーズ素材になる点で、普通にデモチェなどの魔法罠を採用するより無駄がありません。

ドラッグルーオン

ミラーマッチでイージーウィンを狙えるカードです。

個人的に必須カードです。

森羅の姫芽宮

忍者青眼の強化に貢献した1枚です。

超変化で相手のレベル3以下のモンスターを吸うと太古しかリクルートできず、弱くはないものの、次の展開につながりづらいという弱みがありました。

姫の実装により、超変化からリクルートした太古を素材にエクシーズ召喚し、デッキを掘りつつ能動的に太古を墓地へ送れるようになりました。

打点1800をいきなり生成できるのも偉すぎます。

スキルについて

忍者青眼はデッキを厚くすることで、青眼の素引きを少なくし、効率よくデッキからリクルート展開していくことを目指すのが構築の理念にあると考えます。

そのため、手札に引いた際の救済手段(古のルールなど)を用意しない場合が多いですが、仮に複数枚引き込むとリクルートが成り立たなくなり負けに直結します。

その事態を避ける保険として、手札の青眼を展開札に変える最強ドラゴンとの相性が良いです。

現環境でHANZOを採用するメリット

純青眼構築は下級の打点がないので、最近流行りのAOJ DDチェッカーや深淵に潜む者といった青眼メタに滅法弱いです。

しかし、HANZOは上記のいずれも戦闘破壊できる打点を持っているという多大なメリットがあります。

これだけでも忍者青眼を握ることは有りだと思います。

感想

安定感に加え、上振れ要素もあるため、かなりお気に入りの構築となりました。

色々とシナジーのある要素も取り込まれており、構築的にも気に入っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

忍者青眼
最新情報をチェックしよう!