【デュエルリンクス】クローズ型BFでデュエルキング達成【ランク戦2021/Jun.】

皆さんこんにちは、issunです!

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2021/Jun.でデュエルキングに到達しました。

では、今回のランク戦で使用したデッキの紹介をしていきます。

使用デッキ

ランク戦2021/Mayでは、ブラックバード・クローズを採用した【BF】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【BF】

デッキの解説・感想

環境で向かい風のBFですが、ブラックバード・クローズを採用することで環境デッキとも戦えると考えて、ライキリout→クローズinの構築を試しました。

プラン

前にアーマードウィングや白黒エンフェ、ローチを立て、バックにはネクロバレーやクローズ、月書を構えてターンを返します。

後続で、チドリやデッドリーシンを構えてライフを削りに行く。

この流れを狙ってゲームを進めました。

先行時の具体的な選択肢は以下の3つです。

①シムーンムーブ

デッキを圧縮して黒エンフェでクローズor月書をドローしていきます。

リゾネやTG相手には、ドローではなくローチを立てることを優先しました。

クローズが引けていれば、アーマードウィング&黒エンフェ&ゼピュロス(墓地蘇生後)&クローズ&1ドローという、この構築の最強ムーブで返します。

②ゼピュロス&旋風&ブラストorゲイル

シムーンムーブと同じ展開が可能です。

③ゼピュロスorブラスト&旋風

白エンフェでネクロバレーを張って、ライフ5000で返します。

下級BFの比率

ゼピュロスが3枚、ブラストとゲイルを2枚という比率にしました。

ゼピュロスを初動とする動きが強かったため3枚確定。

よって、シムーンのコストはゼピュロスを優先します。

妨害札(クローズや月書)を多めに採用する関係で、ブラストとゲイルは2枚に抑えました。

先行でブラストとゲイルを使い切ると後続が続かなくなるため、シムーンのコスト選択や初動での使い方には注意が必要です。

あとゲイルが1枚あれば…ということもありましたが、初手で被ることの方が負けにつながりやすかったため2枚に抑えました。

基本的にはゲイルを最低1枚デッキに残し、ゼピュロスorブラスト&旋風からの打点馬鹿のチドリで返す選択肢を残しておくプランで戦いました。

アーマードウィングについて

ライキリ不採用に伴い、新規収録されたアーマードウィングを採用しました。

役割は異なりますが、守りのアーマードウィング、攻めの黒エンフェという役割分担を明確にできたため採用に至りました。

前評判通り、戦闘耐性しかないアーマードウィングはSCのバウンスや因果などの罠に滅法弱いです。

ですが、そこをクローズや月書でカバーすることで比較的場持ちが良くなりました。

特に月書は、BFが苦手とするSCや深淵を止めることができるため、デッキの弱点を補完しつつアーマードウィングのサポートにもなるため非常に使い勝手が良かったです。

最後に

クローズの採用が読まれにくいという点もありほとんど警戒されませんでした。

よって、決まれば勝ちへつながることがほとんどでした。

リミ2枠はライキリとオロシという固定概念がありましたが、今回の構築によって新たなBFの強みを発見できたと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!