【デュエルリンクス】デスカリDDDでデュエルキング達成【ランク戦2021/May.】

皆さんこんにちは、issunです!

遊戯王デュエルリンクスのランク戦2021/May.でデュエルキングに到達しました。

では、今回のランク戦で使用したデッキの紹介をしていきます。

使用デッキ

ランク戦2021/May.では、【DDD】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【DDD】

デスカリバーナイトで相手をいなしつつ、DDDの連続召喚で罠を踏み越えていくコンセプトで構築しました。

デッキの解説

デスカリバーナイトについて

採用理由

DDDの弱点を補うために採用した、このデッキのキーカードです。

【DDDの弱点】

  1. 初動の弱さ
  2. 相手に干渉できる有効札が少ない
  3. 手札誘発に弱い

DDDは基本的に2枚の手札消費(スワラル・スライム+DDモンスター)で高打点モンスターを融合召喚していきます。

したがって、先行で融合をしてしまうと、返しのターンはドローを含め3枚から動かなければなりません。

手札が上振れていない限り(ナイトハウリング、魔神王の契約書が揃っている等)罠を踏み越えることが難しいです。

また、DDDで唯一召喚権を使うナイトハウリングも、先行で使用することはほとんどないため先行時の召喚権が余っています。

そんな初動の弱さを補い、余っている召喚権を有効活用できるのがデスカリバーナイトです。

強制効果ではありますが、モンスター効果が強い現環境において「モンスター効果を無効」にする1900打点は干渉札として優秀です。

天キ発動中の炎王のガネーシャとも相打ちができます。

また、ワンキルを狙いにいく際に、DDDの横に立てることでベイルなどの手札誘発をケアすることができます。

召喚タイミング

デスカリバーナイトの効果は強制効果なため、自身のスワラルスライムやテュポーン、ベオウルフの効果も無効にしてしまうため召喚のタイミングを誤ると自分の首を締めるため注意が必要です。

【主な召喚タイミング】

  1. 先行時に罠と共に構える

→後述する戦乙女の契約書や月の書と相性が良い

  1. DDD展開後の手札誘発ケア&ワンキルのお供

→ベオウルフ(スワラルスライム&DD)+デスカリ=4900打点

スキル:ディスティニードロー

ワンキルに必要な魔神王の契約書や不足しているDDモンスターをドローします。

デスカリバーナイトを採用している分、純正DDDよりもゆっくり戦うため粉砕ではなくディスティニードローを採用しました。

干渉札について

サイクロン

環境が変わったとしてもライフ消費の激しいDDDはサイクロン一択だと思います

残りライフが、発動中の契約書の枚数×1000以下の時でも、ドローフェイズで契約書にサイクロンを打つことで自滅を防げるのはコズサイにはないメリットです。

また、デスカリバーナイトとDDDの連続召喚で罠を剥がしていく今回のデッキ構成において、局所的ハリケーンは相性が悪かったためサイクロンが必須となっています。

月の書

DDDにおける月の書はベオウルフの貫通効果があるため、ただの干渉札ではありません。

スクラッチクラッシュや深淵に潜むもの、バウンサーなどを裏返ししつつ、展開後の高打点DDDでワンキルを狙いに行けます。

DDDにとっては、相手を除去するよりも守備表示にした方が強い場面が多いです。

また、ほとんど使う場面はありませんでしたが、デスカリバーナイトを裏返すことで、効果無効を気にせず展開を行うことができる点は覚えておいて良いかもしれません。

戦乙女の契約書

毎ターン打てるサンダーブレイク&悪魔族1000打点アップの最強罠です。

ダメージステップに打てるため、デスカリバーナイトの後ろに構えておくことで2900打点で返り討ちすることができます。

また、相手ターンにペンドラゴン、返しのターンでテュポーンをコストにして破壊効果を使用することで、ベオウルフ特殊&2枚除去することができます。

ここにデスカリバーナイトを添えればワンキルです。

コストがDDカードまたは契約書カードに限定されている点だけ注意して使用すれば非常に強いカードです。

狡猾な落とし穴

今回のリミ2枠。

戦乙女の契約書が永続罠なので相性が良いです。

1:1交換がメインのDDDにおいて、1:2交換できる狡猾な落とし穴は非常に重宝しました。

邪魔になったデスカリバーナイトを巻き込んで相手モンスターを除去することもできるため、今回の構築において光る1枚でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!