【デュエルリンクス】青眼でKC2nd最終934位達成!【KC2021/Apr.】

こんにちは、リバです。

遊戯王デュエルリンクスの2021/Apr.KC2ndで、最終934位・36105DPで終えることができました

使用したデッキの紹介をしていこうと思います。

使用デッキ

2021/Apr.KC2ndでは、【青眼】を使用しました。

デッキレシピはこちら↓です。

デッキレシピ【青眼】

勝率

 

Match Recordsで集計。

環境TOP3だった青眼、オノマト、堕天使(セプスロ、ハングオン)に勝ち越せていたので、100戦ほどで3桁順位にのし上がれました。

勝率65%とかなり高かったです。

デッキの解説・感想

ランクマでは結界青眼を調整していましたが、KC1stで結界青眼における青眼の素引きがKCを戦う上でストレスになると考え、純青眼を使用することにしました。

構築的にはそこまで変わった札を採用しませんでしたが、それぞれのカードが無駄なく活躍できており、構築には満足でした。

採用カード解説

月の書

万能カードでした。

オノマトの先行フォトンストリークバウンサー、堕天使のハングオンマッハに打って無力化できるのが強かったです。

ミラーマッチでは相手の因果切断を回避したり、精霊龍の召喚を未然に防ぐのに使ってました。

構築に枠があれば2枚目入れたいほど強かったです。

古のルール

手札のブルーアイズを展開できる貴重のカードです。

また、オノマト相手に後攻の際、このカードを引けていればイージーウィンできます。

ダブると弱いのでピン刺しです。

デモンズ・チェーン

ハングオンマッハ対策で採用しました。

デモチェの発動に対して聖槍を合わせられるのはきついですが、返しに打点0ハングオンマッハとなるので、上から叩いて処理できるようになります。

セプスロや堕天使ギミックにも刺さるので、このカード1枚で堕天使に対して有利取れました。

感想

対戦数は少なめなものの、最終3桁だったのはよかったです。

土曜の夜以降、10戦ほどしか対戦できる時間なかったので、次回のKCGTではしっかり時間を確保して挑みたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2021KC2nd青眼
最新情報をチェックしよう!