【デュエルリンクス】検証!100戦回してわかった下降BFのポテンシャル

皆さんこんにちは、issunです!

「ブラック・バード・クローズ」を採用した【下降BF】を100戦回してみました。

100戦の成績はこちら↓です。

2020年8月時点でのキング帯やポイントバトルを中心に回しました。

100戦回してわかった下降BFのポテンシャル

まずは、今回の検証において最終的に使用したデッキのレシピを紹介します。

デッキレシピ【ブラック・バード・クローズ採用】

干渉札として、「ブラック・バード・クローズ」と「コズミック・サイクロン」をそれぞれ2枚ずつ採用しました。

「ブラックバード・クローズ」の採用に伴い、EXデッキの1枠を「ブラックフェザー・ドラゴン」に割く必要があります。

それによって、2枚目の「オニマル」の枠がなくなるため、「ハルマッタン」は1枚の採用となっています。

相手の「コズミック・サイクロン」による干渉を防ぐために「黒い旋風」の採用枚数を2枚にして、レベル3チューナーを引き込む確率を上げるために「ゲイル」をフル投入、「ピナーカ」と合わせて計4枚採用しています。

下降BFの基本構築は、この↓ような罠に干渉する「コズミック・サイクロン」や「禁じられた聖槍」を採用する構築が多いです。

この罠干渉型の構築を回したところ、2020年のKCGTで多く使われていた「局所的ハリケーンを採用したドラグニティ」のような印象を受けました。

後攻の時は1〜2枚の罠を踏み越えてワンキルまで持っていくことができますが、先行の時は、「シムーン」でスタート出来ないと非常に弱かったです。

そこで、先行の弱さをカバーしようと考え「ブラックバード・クローズ」の採用に至りました。

このレシピを100戦回してわかった下降BFのポテンシャルについてまとめていきたいと思います。

シムーンを絡めない時の先行盤面の弱さ

先行時、「シムーン(コスト)+レベル1or2or3」の2枚から入ることで、ピナーカのサーチ効果を絡めたライキリ&3000オニマルの盤面をスキルを残した状態でつくることができます

①シムーン効果でns、足りないレベル(1or2or3)をサーチ
②レベル3をns、オロシをss、6+1でライキリss
③ハルマッタンをss、効果でレベルを9に変更し3+9でオニマルss
④エンドフェイズ時にピナーカ効果で次ターンに備えてサーチ

「シムーン」を絡めない場合は「旋風+レベル4」や「レベル3+4」のような初動となり、スキルを絡めないとライキリやチドリを1体立たせて終わりです。

スキルを絡めることにより、「ホークジョー&ライキリ」または「墓地にライキリがいる状態での3800打点のチドリ」という盤面まではつくることができますが、先行時にスキルを使用してしまうと本来のスキルの旨みを捨てることになってしまいます

レベル下降BFの強みは、チューナーの「ライキリ」のレベルを下げ、特殊召喚できる下級BFとシンクロすることで、「ライキリ」の破壊効果を複数回使用してワンキルすることにあります。

ですが、先行時にスキルを温存してしまうと、「禁じられた聖槍」や「コズミック・サイクロン」で展開の妨害ができる相手(ブラマジの魔導陣など)以外にワンキルされてしまったり、返しのターンが厳しい状況になってしまいます。

この先行盤面の弱さを補いたいと考え「ブラック・バード・クローズ」の採用を検討しました。

先行でも戦えるように「ブラック・バード・クローズ」を積む

下降BFに「ブラック・バード・クローズ」を採用してみてわかったメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

メリット

「ブラック・バード・クローズ」の強みは、

①手札から発動できる
②カウンタートラップである

の2つです。

現環境(2020年9月上旬)において、「コズミック・サイクロン」「サンダー・ブレイク」「弩弓部隊」「フレンドリー・ファイア」「局所的ハリケーン」「ナイトショット」など、伏せカードに干渉できる汎用カードが環境デッキに多く採用されています。

そこで、場に伏せずに発動できるこのカードは使いやすいと判断しました。

また、ウィッチクラフトやBFなどに採用される「禁じられた聖槍」にチェーンされないというのも大きいです。

以上のように、現環境で非常に使いやすく、相手の初動を止められることが、このカードを採用するメリットだと思います。

デメリット

このカードを採用することで2つのデメリットが生まれました。

①罠干渉の採用枚数が減る
②オニマルの枚数が2→1に
このカードの枠を用意するために、罠干渉の採用枚数を減らす必要がありました。
モンスターの枚数を減らした調整も行いましたが、複数体のモンスターを使用してシンクロを連打して戦うためには、BFモンスターを3枚は引きたいです。
初手にモンスターを3枚引くことができる確率はおおよそ以下の通りです。
<14枚>
・先行:65%
・後攻:86%
<13枚>
・先行:56%
・後攻:79%
<12枚>
・先行:46%
・後攻:70%

※クリスorブラストns時の旋風によるサーチは考慮していません

このことを踏まえ、先行盤面の弱さを踏まえると最低14枚は必要だと思い罠干渉札を減らすことに決めました。
それに伴い、相手の干渉に若干弱くなりました。
また、オニマルが1枚になったことで先行時に3000オニマルを立てるプレイングが使いづらくなりました。
以上2つのデメリットは下降BFの強みを削ってしまっており、下降BFの基本構築に「ブラックバード・クローズ」が採用されていない理由がわかりました。

ライキリ頼みが否めない

環境トップのバレットネオスをはじめ、環境デッキに多く採用されている「因果切断」は下降BFの天敵です。

一度ライキリを除外されてしまうと、チドリの高打点で戦うしかありません。

したがって「禁じられた聖槍」や「コズミック・サイクロン」を使用して意地でもライキリを守る必要があります。

「山BF」であれば、「妖精竜エンシェント」がライキリと同じような役割を担ってくれますが、下降BFはライキリ頼みが否めません。

相手も下降BFとわかると、ライキリ以外は基本的にスルーしてライキリに罠を当ててきます。

このことからも、ブラックバード・クローズよりも罠干渉札が優先であることが理解できました。

まとめ

結局罠干渉が強そうだけど、、、

下降BFについては「ブラック・バード・クローズ」を積むよりも、割り切って罠干渉型にしたほうが良いと思います。

先行時の弱さを補いたいと思った場合は、山BFを採用したほうが良いと思います。

今回の検証で理解できた、

①先行盤面の弱さ
②ライキリ頼み
については、山BFでは「妖精竜エンシェント」と「王家の眠る谷−ネクロバレー」でカバーできます。
また、「ブラック・バード・クローズ」を採用する枠もあります。
ライキリを連打することによるワンキルはできませんが、BFに対して攻めと守りのバランスを求める場合は下降BF<山BFだと思います。
ですが、下降BFはワンキル性能のポテンシャルがとても高いので、環境によってはチャンスが十分あると思います。
環境を読みながら、下降と山を使い分けることのできるBFは非常に楽しいテーマなので皆さんも回してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!