プログラマーの年収について思うこと【キャリアの方向性に変化を】

プログラマー、システムエンジニアの年収についてですが、日本は低いかなと思っています。
低いといっても、今の日本はどの職業でも給料が高くなくて、他の職業よりかは高めです。

なにが言いたいのかというと、「もっと貰うべき」ということです。
私の考えを書いていきます。

日本のプログラマーの年収について

まず最初に、日本のプログラマーはレベルがそんなに高くないという現状があります。
ごくわずかなスーパーマンがいますが、他はどっこいどっこいです。

その理由は、ある程度経験を積んだプログラマーは、プロジェクトマネジャーやプロジェクトリーダーというポジションへ徐々に上がっていくからです。

つまり、自身でバリバリプログラムを作る立場から、プロジェクトを管理する立場へキャリアを形成していくということです。
そして、給料で比べると

プロジェクトマネジャー > プログラマー

となります。
となると、プログラマーのうち、多くの人が「プロジェクトマネージャーになりたい!」と思うわけです。
そりゃ、プログラマーのレベルが高まらないですよね。

私としては、

スーパープログラマー > プロジェクトマネジャー

の給料基準にするべきと思っており、「プログラマーで稼ぐで!」っていう人材が増えて欲しいと思ってます。

定年までプログラマーのキャリアを

プログラマーのままでも十分な年収が貰えますが、やはり上を目指すならプロジェクト管理側へキャリア形成する必要性があります。

プログラマーが技術力次第で超高額が稼げるようになれば、定年までプログラマーとして働く人が増えるでしょう。

安く雇える経験の浅いプログラマーが、ブラックな環境でシステムを作っている現状から、スーパープログラマーがバリバリ作るような感じに変化するべきだと思います。
日本全体のプログラミング技術も向上します。

その代わり、プログラマーの労働力が安定するので、今のように誰でもプログラマーになるのは難しくなるかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お金
最新情報をチェックしよう!