【5D’sファンにはたまらない】スターダストの新エース!シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン

こんにちは、issunです!

4/17発売のOCG新弾「DAWN OF MAJESTY」にシューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン収録されます!

5D’sファンにはたまらない新規カードなので、そのイラストと効果をオリジナルのスターダスト系モンスターと見比べていこうと思います!

新スターダストの魅力

集いし想いが、輝く奇跡を呼び起こす。光来せよ!

「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン!!!!!」

美しい…。

シューティング・スター・ドラゴンのメカニックな輪郭に、セイヴァー・スター・ドラゴンの持つ透明感のある見た目を組み合わせたデザインとなっていますね!

デザイン的には、セイヴァー・スター・ドラゴンの方がスターダスト・ドラゴンの持ち味を生かしたデザインだと感じていたので、シューティング・セイヴァーのデザインは、スターダスト系のいいとこ取りをしていて大好きです!

デザインが似ているかなと思った漫画版の遊星の切り札スターダスト・シフルと比較すると、白く透き通ったセイヴァーのデザインがスターダストのデザインとぴったりなのが良くわかります。

原作を踏襲した効果デザイン

シューティング・セイヴァーのステータスと効果です!

☆11・風・ドラゴン族
ATK4000/DEF3300
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」+ドラゴン族Sモンスターを含むチューナー以外のモンスター1体以上
<効果>
①1ターンに1度発動できる。
相手フィールド上の効果モンスター1体を選び、その効果を無効にする。
②このカードは通常の攻撃に加えて、自分の墓地の「スターダスト・ドラゴン」及びそのカード名が記されたSモンスターの数まで攻撃できる
③1ターンに1度、相手が効果を発動した時に発動できる。
このカードをエンドフェイズまで除外し、その発動と効果を無効にし除外する。

セイヴァー・スターの効果無効

①の効果無効の効果は、セイヴァー・スターの効果を踏襲しています。
セイヴァー・スターの効果は「対象」に取っていましたが、シューティング・セイヴァーは対象に取らずに発動することができます

シューティング・スターの複数回攻撃

②の複数回攻撃の効果は、シューティング・スターの効果を踏襲しています。
シューティング・スターはデッキトップを5枚めくり、その中に含まれるチューナーモンスターの数まで攻撃できるため、運が絡んできます。
対して、シューティング・セイヴァーは墓地のスターダスト系モンスターの数を参照するため、シンクロ素材にスターダスト系を使用していれば確実に複数回攻撃をすることができます。

スターダスト系に共通した場から離れる誘発効果

シューティング・セイヴァーは、カードの種類を問わず効果の発動を無効にし除外します。

原作に登場したスターダスト系の誘発効果は以下の通りです。

◆スターダスト・ドラゴン
→モンスター・魔法・罠の破壊効果の無効&破壊

◆/バスター
→モンスター・魔法・罠の効果の無効&破壊

◆セイヴァー・スター
→モンスター・魔法・罠の効果の無効&相手の場全破壊

◆シューティング・スター
→攻撃の無効

◆シューティング・クェーサー
→モンスター・魔法・罠の効果の無効&破壊

全ての効果を無効除外という、シューティング×セイヴァーの名前に恥じない強力な効果であることがわかります!

アニメファンにはたまらない「シューティング・セイヴァー・スター・ドラゴン」

イラストと効果のどちらをとっても原作のスターダスト達を彷彿とさせるデザインで、アニメ5D’sのファンに取ってはたまらない新規カードです!

最近のOCGはこれまでのアニメ産テーマを強化しているため、アニメファンの私はワクワクが止まりません!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!