【初心者向け】リンク召喚のルールをわかりやすく解説!復帰勢にもオススメ

「リンク召喚が複雑でわからない…。」

「OCGに復帰したけどルールが意味不明…。」

この記事はそんな方に向けて、リンク召喚のルールをわかりやすく解説しています。

 

こんにちは、issunです!

ぜひ最後まで目を通していただき、一緒にリンク召喚について勉強していきましょう。

記事の要点

  1. リンクモンスターについて:レベルやランクを持たないEXデッキから特殊召喚するモンスター
  2. リンク召喚の方法:リンクの数に合わせてフィールドから素材を墓地へ送る
  3. ルールの変更について:融合・シンクロ・エクシーズモンスターの召喚にリンクマーカーは関係ない

リンク召喚のルール解説

1.リンクモンスターについて

リンクモンスターのカードデザインはこちらです。

リンクモンスターの特徴を2点解説します。

①LINKとリンクマーカーについて

カードの右下にLINK、モンスター絵の周りにリンクマーカーが存在します。

《天空神騎士ロードパーシアス》の場合、LINKが「3」、リンクマーカーが「左下・下・右下」の3方向に向いているリンクモンスターと説明することができます。

②守備力がない

リンクモンスターには守備力という概念がないため、守備表示にすることができず表示形式を変更する効果(《月の書》など)を受けません。

2.リンク召喚の方法

①召喚条件とLINKの数を参照

LINKの数だけフィールドの表側表示のモンスターをリンク素材として墓地へ送ることでリンク召喚することができます。

リンク素材は召喚条件によって指定されています。

召喚条件は種族の下に書かれています。

《天空神騎士ロードパーシアス》の場合、LINK「3」なので召喚条件「天使族モンスター2体以上」を満たすようにフィールドの天使族モンスター「3体」をリンク素材として墓地へ送ることでリンク召喚が可能です。
なぜ召喚条件が「3体」ではなく、わざわざ「2体以上」なのか後述する③で確認してください。

②出す場所

1体目のリンクモンスターは「エクストラモンスターゾーン」へ出します。

2体目以降のリンクモンスターは、既にフィールドに存在しているリンクモンスターのリンクマーカーが向いているメインモンスターゾーンへ出すことができます。

 

1体目のリンクモンスター《代行者の近衛ムーン》のリンクマーカーは「右下」に向いているため、そのマーカー先に2体目の《天空神騎士ロードパーシアス》をリンク召喚できます。
したがって、リンクモンスター以外のモンスターに関してもリンクマーカーの向きに注意して場所を選択して展開する必要があります

③リンクモンスターを素材とする場合

素材とするリンクモンスターのLINKの数をリンク素材の数として扱うことも可能です。

つまり、LINK「2」のリンクモンスターは「2体」分のリンク素材としても扱うことができます。

このポイントがリンク召喚を複雑にしているので、具定例を踏まえて詳しく解説します。

 

前述した通り、

LINK「3」の《天空神騎士ロードパーシアス》をリンク召喚する場合、召喚条件「天使族モンスター2体以上」を満たすようにフィールドの天使族モンスター「3体」をリンク素材として墓地へ送ることでリンク召喚できました。

 

このリンク素材にLINK「2」&天使族の《代行者の近衛ムーン》を含めた場合、

《代行者の近衛ムーン》を「2体」分の天使族のリンク素材と扱うことができるため、フィールドのLINK「2」《代行者の近衛ムーン》と天使族モンスター「1体」をリンク素材として墓地へ送ることで、LINK「3」&召喚条件「天使族モンスター2体以上」を満たすことができます

 

Tips.リンクモンスターは「1体分」または「LINKの数分」のリンク素材として扱える

(例)LINK「2」の《代行者の近衛ムーン》をリンク素材とする場合、

  1. 1体分のリンク素材として扱う(通常のモンスターと同じ扱い)
  2. 2体分のリンク素材として扱う(LINK「2」なので)

上記の2パターンから選択することができます。

したがって、LINK「3」であれば「1体分」または「3体分」のリンク素材となるわけです。

④応用:エクストラリンクについて

自身のリンクモンスターが相互リンクで繋がることでエクストラリンクが完成します。

相互リンクとは、リンクモンスター同士が互いのリンクマーカーを指している状態です。

↑の画像のように相互リンクをつなげることで、2ヵ所のエクストラモンスターゾーンを1人のプレイヤーが両方使用する状態、つまりエクストラリンクを完成させることができます。

3.ルールの変更について

2020年4月1日に新マスタールールが改訂され、リンク召喚に関するルールが変更となりました。

Tips.ルール改定の概要

【改訂前のルール】

  • エクストラデッキから特殊召喚する全てのモンスターは、エクストラゾーンまたはリンクモンスターのリンクマーカーが指しているメインモンスターゾーンに特殊召喚する。

【改定後のルール】

  • エクストラデッキから特殊召喚するペンデュラムモンスターとリンクモンスターは、エクストラゾーンまたはリンクモンスターのリンクマーカーが指しているモンスターゾーンに特殊召喚する。
  • 融合・シンクロ・エクシーズモンスターは、エクストラモンスターゾーンまたはメインモンスターゾーンに特殊召喚できる。

 

ルールの改訂により、リンクモンスターのリンクマーカーを参照するのはエクストラデッキから特殊召喚するペンデュラムモンスターとリンクモンスターのみとなったためルールがわかりやすくなりました。

融合・シンクロ・エクシーズモンスターはリンクマーカーの縛りから解放されたことに加えて、エクストラモンスターゾーンも使用することができるようになりました。

4.まとめ

  • リンクマーカーの存在と守備力の概念がないというリンクモンスターの特徴
  • リンクモンスターの召喚条件、出す場所
  • リンクモンスターをリンク素材とする場合の考え方
  • 2020年4月のルール改訂

以上を理解することでリンク召喚のルールはある程度網羅できると思いますので、実際にカードを手にとってプレイしてみてください。

この記事が遊戯王OCG初心者の方や復帰勢の方の参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!